【展示会情報】JIMTOF2022(日本国際工作機械見本市)

JIMTOF2022(日本国際工作機械見本市)に出展いたします。

 

【開催期間】

2022年11月8日(火)~13日(日)

 

【会場】

東京ビッグサイト(東京国際展示場)

 

【当社ブース】

新潟精機のブースは東7ホール 小間番号:E7105 です。

感染症対策を万全にして、皆様のお越しをお待ちしております。

 

JIMTOF2022公式サイト

公式サイトはこちら

当社ブース情報はこちら

 

 


 

【展示会情報】燕三条ものづくりメッセ2022

「燕三条ものづくりメッセ2022」に出展いたします。

 

【開催期間】

2022年10月20日(木)~21日(金)
※開催時間は20日が10:00~17:00、21日が10:00~16:00となります。

 

【会場】

燕三条地場産業振興センター(新潟県三条市須頃1-17)

 

【当社ブース】

出展エリア:多目的大ホール Area 04
小間番号:04-031

新潟精機ブース情報
詳細はこちら

感染症対策を万全にして、皆様のお越しをお待ちしております。

 

燕三条ものづくりメッセ2022 公式サイト

燕三条ものづくりメッセ2022

 

【お知らせ】夏季休業のお知らせ

弊社では、2022年8月11日(木)~8月15日(月)まで休業とさせていただきます。

その間、お受けしたお問い合わせ等は、8月16日(火)以降に順次対応させて頂きます。

何卒よろしくお願い致します。

 

夏季休業期間中のお問合わせはメールフォームからお願い致します。

メールフォームからのお問合わせ

 

【コラム】突然の揺れからの早急な工場の復旧を行うポイント

現場での作業中に突然の揺れ。そういった環境での地震対策は大丈夫ですか。
揺れが収まったら、安全確認。安全確認が確保できたら、現場では機械設備の点検も必要になってきます。

その際に必ずセットで行わなくてはならないものが「レベル出し」※です。

「レベル出し」とは「水平出し」とも呼ばれ、機械設備が水平に設置されていることを確認し、調査する作業のことを指します。

従来は気泡管式の水準器を使用してその気泡の位置を目で見ながら少しずつ調整していました。
が、これがなかなか難しい作業で、気泡が静止するまでじっと待つ忍耐力と熟練の腕を必要とするものでした。

 

当社の電子水準器、レベルニックを使用していただくことで、大幅に作業時間の効率化を図ることができます。

 

【レベルニックの特徴】
・デジタル表示で数値管理が可能

・無線内蔵モデルや2時駆動時測定モデルも登場

・面倒なゼロ点合わせがボタン1つで完了

・専用ソフトと組み合わせて平面度や真直度の測定が簡単に

 

【作業改善例】
工場内の機械10台のレベル出しを行う場合

気泡管水準器を使用 20分(1台あたり)×10台=200分

レベルニックを使用 7分(1台あたり)×10台=70分

その差はなんと130分(約2時間)と、レベル出しの対象の機械が増えれば増えるほど、作業時間短縮効果を発揮することができます。

 

そんなレベルニックは次の4種類を新たにラインナップ!

DL-XY・・・1台で2軸同時測定が可能なモデル。

DL-m5W・・・無線内臓の1軸測定モデル。

DL-m5・・・スタンダードモデル。

DL-m4・・・ベース100mmの小型モデル。

 


◎技術資料はこちらからダウンロードできます!

▼こちらの画像が目印です。


◆◇こちらに関するお問合わせは下記へお願いいたします◇◆

 

新潟精機株式会社 新潟県三条市塚野目5丁目3番14号

TEL:0256-33-5502 FAX:0256-33-5528

お問合わせフォームはこちら

メルマガ登録 特注品のご依頼大歓迎!