曲尺

衝撃に強く、使いやすさにも配慮した曲尺です!

こんな方にオススメ

・材料の切り出し
・材料のケガキ
・溶接時の直角確認

特長

point 1 衝撃に強く、直角度が狂いにくい!

測定・計測技術.comが提供しております曲尺は大きく3つの特徴を有しております。そのうちの1つ目が「厚手・竿部同厚・広巾タイプ」であることです。この仕様であることにより衝撃に強くなり、角度が狂いにくくなっております。
曲尺の大きな用途の1つとして直角度を測ることが挙げられ、そのような測定方法に使用する場合、曲尺は直角を高精度に保っていることが大前提となります。
そのため、厚手・竿部同厚・広巾タイプであることは使用に伴して衝撃を受けた場合でも直角度が狂いにくくなっておりので、安心してお使いいただけます。頑丈で長く使える曲尺をお探しの方は、測定・計測技術.comにお任せください。

point 2 ミリ単位の読み間違えを防ぐ階段状目盛!

上記の通り衝撃に強く角度が狂いにくいことが特徴の1つである測定・計測技術.comの提供する曲尺ですが、使いやすいさ・読み取りやすさにも気を配っております。それが「階段状目盛」です。
この階段状目盛は、1㎜単位での目盛の読み間違えを防ぐということに大いに役立ちます。測定・計測技術.comにおいてこのような階段状目盛を「快段目盛」と呼んでおり、その字のごとく計測者の作業が快適になるような役割を果たします。
更に階段状目盛を採用している測定・計測技術.comの曲尺の中には、2mmごとに点付きの目盛線を併せて採用しているシリーズもあります。こうすることで目盛の読み間違えを更に確実に防ぐメリットが生じます。読み間違えの少ない、見やすい曲尺をお求めの方は、測定・計測技術.comにお気軽にお問い合わせください。

point 3 数字の大きい目盛!

測定・計測技術.comが提供する曲尺は階段状目盛以外にも目盛の読み取りやすさを考慮しております。それは大きな特徴の3つ目となる、目盛が大きくスッキリと表示されていることです。また繰り返し数字タイプも併せて採用しております。これにより測定・計測作業中の数値の読み取りが快適に行えるようになっております。上記の階段状目盛もあり、測定・計測技術.comの曲尺は読みやすい仕様となっておりますので、今お使いの曲尺にお困りの方はぜひお気軽にお問い合わせください。

シリーズ紹介

銀龍 厚手広巾/薄手広巾

銀龍 厚手広巾/薄手広巾

中金/大金

中金/大金

黄龍 両同目(角部同厚)

黄龍 両同目(角部同厚)

鳶 両同目(角部角厚)

鳶 両同目(角部角厚)

紅龍 cm目(角部角厚)

紅龍 cm目(角部角厚)

紫龍 尺相当目(角部角厚)

紫龍 尺相当目(角部角厚)

メルマガ登録 特注品のご依頼大歓迎!