三角スケール

正確に数値を読み取るだけでなく、幅広い用途にも対応した測定機器です!

こんな方にオススメ

・長さの読取
・設計者
・生産技術担当者

特長

point 1 ミリ単位の読み間違えを防ぐ階段状目盛!

測定・計測技術.comの提供する三角定規には3つの大きな特徴を有しております。その1つ目として、新設計の「階段状目盛」を挙げることができます。この階段状目盛は、1㎜単位での目盛の読み間違えを防ぐということに大いに役立ちます。測定・計測技術.comにおいてこのような階段状目盛を「快段目盛」と呼んでおり、その字のごとく計測者の作業が快適になるような役割を果たします。更に測定・計測技術.comの三角定規はすべてレーザー印字目盛を採用しておりますので、その目盛自体も非常に高精度なものとなっております。読み間違えの少ない、高精度な三角定規をお求めの方は、測定・計測技術.comにお気軽にお問い合わせください。

point 2 数値の読み取りが快適!

測定・計測技術.comの提供する三角定規は上記の通り、使用者の読み間違えが未然に防ぐような工夫がされていることが特徴の1つです。そしてその数値の読み取り自体が素早くできる「総数字タイプ」というが2つ目の特徴となっております。測定・計測技術.comの提供する三角定規はバリエーションに富んだ縮尺をご用意しておりますが、それらの縮尺に応じて、0.5mまたは1mごとに目盛の数値を振っております。そのため実際の測定場面においてもスピーディーな作業を実現いたします。読み間違えを未然に防ぐだけでなく、読み取り自体も早く行うことを可能にするのが測定・計測技術.comの三角定規の強みです。

point 3 通常スケールにも!

測定・計測技術.comの提供する三角定規の有する特徴の3つ目は、1/1縮尺は通常スケールとして使用可能であるということです。測定・計測技術.comの提供する三角定規には、建築士試験で使用頻度の高い縮尺を集めたもの、登記手続に必要な関係図面の作成に使用する縮尺を集めたもの、それら以外の一般用途向けの3つのタイプがございます。このうち3つ目の一般用途向けには縮尺:1/1のものがあります。このタイプのものにつきましては、通常のスケールとしての使用も可能です。このように一般的な用途まで幅広く対応していることも特徴です。

シリーズ紹介

建築士用

建築士用

一般用

一般用

土地家屋調査士用

土地家屋調査士用

メルマガ登録 特注品のご依頼大歓迎!