0.1mm程度の隙間測定を行ないたいのですが、どのようにするのが適切ですか?

Answer(回答)

0.1mm程度の隙間を測定にするには、シクネスゲージ(※)を用い、任意の公差に合わせた組み合わせで
差込み検査を行うことが最も適切と言えます。
※…0.01mm刻みで設定があるゲージ

ブロックゲージは最も薄いものでも厚さ0.5mm程度となってしまう一方で、シクネスゲージは0.03~2mmの厚さが標準的なものとなります。
そのため、0.1mm程度の隙間を測定にするのに最も適していると言えるのです。

ブロックゲージと同様にシクネスゲージで測定を行う際には、
測定する隙間の公差に合わせた通(上限)・止(下限)の厚さのものを設定していただくことが必要となります。

(例)
1mm(公差:0~0.1mm)の隙間を測定する際は、通:1mm、止:1.1mmとして設定したシクネスゲージを用いて、差込み検査を行います。
この場合、止の1.1mmは1mmと0.1mmのリーフを組み合わせて差込みを行う形となります。
メルマガ登録 特注品のご依頼大歓迎!