ブロックゲージには複数の材質のラインナップがありますが、どのように使い分けるのが良いですか?

Answer(回答)

弊社のブロックゲージには鋼・セラミックのラインナップがあり、使用環境や用途によりそれぞれ適切な材質より選定いただいております。

具体的に例を挙げると、セラミックは鋼に比べると錆にくいという特徴があります。
そのためセラミックのほうが素手でも扱え、更に多湿な使用環境でも使用後の防錆処理をしなくても良いというメリットがあります。
更に鋼に比べて経年劣化がなく、耐摩耗性も高いため、比較的過酷な環境下での使用にも耐えることができます。

一方、測定対象が鉄など金属類であれば、測定対象と測定機器で膨張係数が同じであることから高精度な測定・計測が可能となりますので、
セラミックより鋼のブロックゲージを使用することをお勧めいたします。
メルマガ登録 特注品のご依頼大歓迎!