ブロックゲージには「0級相当」「1級相当」とありますが、これはどういった分類でしょうか?

Answer(回答)

ブロックゲージにおける「0級相当」「1級相当」はJIS B7506によって定められた呼称・等級になります。

この等級は精度によってK級、0級、1級および2級の4等級に分類されます。

この中でもK級は光波干渉測定法によって校正し、主に0級、1級、2級のブロックゲージの校正に用い、
常に寸法検査表などに示した値を補正して使用します。一方、0級、1級及び2級は比較測定法によって校正します。

そしてブロックゲージはこの等級ごとに定められた要求事項に適合しなければなりません。
具体的にこの要求事項とは、呼び寸法からの寸法許容差及び寸法許容差幅の範囲によって規定されるものとなります。
メルマガ登録 特注品のご依頼大歓迎!